×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


金床




主に鉋の裏出し作業に使う。

画像の物なら手前側角の部分がR形状になっているので、その部分を刃の裏すき部分に当てて玄翁で叩いて使う。

このタイプの物は丈夫で重さもあり程よい高さもあるので扱いやすい。
土台部の四隅にネジ穴で固定するようになっている。普段持ち運ぶには少し邪魔である。
趣味や一箇所で腰を据えて行うのであれば、特に形態性の良い物までは必要はないですね。

またこの手の物は裏出し用のR部意外にも平面が使えるので、その他の調整などにも応用がきくのが携帯性に優れた物にはない利点ではある。